収入アップを図るなら中古マンション投資をしよう

お金と家の模型

便利な会社

メンズ

変化した第三者

家賃債務保証とは、賃貸物件の入居者が家賃を滞納した際、入居者に代わる第三者が家賃を支払うというものです。通常、賃貸物件には、この家賃債務保証がないと入居できないことになっています。但し、家賃債務保証を担う第三者に関しては、近年、変化しています。今までは、その第三者といえば、連帯保証人でした。従って、賃貸物件の契約には、連帯保証人を立てることが必須条件となっていました。しかし、核家族化や高齢化等の影響により、現在は連帯保証人を立てられない人も多くいるのです。また、不況のあおりを食らい、自分の生活で精一杯という連帯保証人もいます。よって、連帯保証人にはなったものの、経済的な余裕がなく、家賃債務保証ができないという人もいるのです。そういった中、現在、利用されることが多くなったのが、ビジネスとして家賃債務保証を行う家賃債務保証会社です。連帯保証人代わりとなりますから、連帯保証人が立てられなくても家賃債務保証会社と契約すれば、入居可能な賃貸物件は多くあります。いや、そちらの方が信頼性が高いため、賃貸経営者側としては好都合です。よって、連帯保証人を立てたとしても、家賃債務保証会社との契約も入居の必須条件にしている賃貸物件も現在は多くあるのです。家賃債務保証は通常、予め賃貸経営者側で選定しておきます。そして、入居希望者にシステムを説明して、契約させるというのが一般的です。家賃滞納が発生したら、連絡を入れれば、家賃債務保証会社は支払いに応じます。と同時に、入居者からの回収も独自に行います。

Copyright © 2017 収入アップを図るなら中古マンション投資をしよう All Rights Reserved.